税のことを考える

大きなビル

相続税は遺産に対して課税されます。そのため、生前贈与をして遺産を減らしておくことは、相続税節税のためにとても有効です。 贈与をすれば贈与税が発生します。ですが、贈与税には基礎控除があり、毎年与えられることになっています。この金額以下の金額で贈与をすれば、贈与税は発生しません。 金額としては110万円となっています。少なくはありませんが、価値が高い財産になると、贈与税が発生してきてしまいます。そのため、分割しやすい財産を見つけ出すことが大切です。例えば、預貯金、株式などがあります。 10年間、コツコツ続ければ1000万円を超える金額の贈与が可能になります。相続税の最低税率は10%です。つまり、最低でも100万円は節税できるということになります。贈与しやすい財産を見つけてみましょう。

基礎控除を利用した相続税の節税対策は、とても有効なものです。ただ、コツコツ行うものとなるため、実際にはあまり行われていないのが現状です。 現状でよく利用されている節税対策は、非課税制度を利用した節税対策です。贈与税には非課税制度がいくつもあります。例えば、有名な所では、住宅取得のための資金を贈与した際の非課税制度です。贈与税において非課税となった金額は、相続税の課税上においても非課税となります。これを節税対策に利用するのです。 コツコツ行う必要がある基礎控除を利用した節税対策と違い、楽なのは確かです。そこが利用者が多い理由なのでしょう。しかし、これらの制度は要件を満たさなくては利用できません。 対して、基礎控除を利用した節税対策は誰でも利用することができます。平成27年から親子間の贈与については、税率が下がりよりしやすくなっています。非課税制度の利用も良いですが、基礎控除も利用してみて下さい。